yuri-mamiの裏庭

ガーデニングやお出かけ先など、日々の生活日記です。イギリス生活の思い出も連載中。

息子6歳の誕生日

先日、息子が6歳の誕生日を迎えました。

誕生日当日は、息子の希望で『はま寿司』に行ってから、娘と私の手作り『ピカチュウケーキ」でお祝い。

今年の誕生日は平日だったので、バタバタでした。

 

 

誕生日当日にパーティー問題

みなさん、お子さんの誕生日パーティーって当日にやっているのでしょうか。

我が家は去年までは、誕生日前の日曜日など主人がいる時にパーティーをして、プレゼントも渡しちゃっていました。

今年も勿論そのつもりでいたら、「誕生日の日に、お寿司とケーキを食べてプレゼントをもらう。そうじゃなきゃ、誕生日パーティーの意味が無いでしょ!」と息子。。。

平日、主人の帰りは21時ぐらい。

「パパの帰りが遅いから当日にパーティーは諦めよう。」とたたみかけましたが、息子は大激怒です。

どうしても当日にお祝いをしたいようで、1週間ぐらい揉めました。

そして結局こちらが折れて、主人は仕事を早退することになりました。

 

ピカチュウケーキ問題

誕生日ケーキは、主人・娘・私の3人の手作りケーキが食べたい!と息子。

流石に「パパはお仕事があるから準備する時間が無いよ。お姉ちゃんとママで作るから、それでいいよね?」と強引に説得しました。

ケーキは前日に作りたいので、娘の学校が終わってから準備開始です。

このために、息子は幼稚園の延長保育を利用。

ピカチュウのケーキをリクエストされていたので、まずは耳・目・口をチョコペンでクッキングシートに描いて、冷凍庫で凍らす。

ケーキの真ん中にクリームとフルーツを挟んだら、表面にもクリームをぬりぬり。

さらにクリームでピカチュウの顔型をつくって、そこにカットしたゴールデンキウイを乗せる。

最後に余ったクリームを空いてる部分に絞ったら、前日準備はOKです。

ここまでは順調にいきました。

なのになのに!

当日、凍らせておいたチョコパーツを娘が乱暴に取り出した為、目や耳が壊れてしまいました。

出来上がった残念なピカチュウケーキはこちらです。

f:id:yuri-mami:20200714221350j:image

左右の大きさのバランスが悪い…。

というか、ピカチュウケーキ難しい。

私1人で完璧なクオリティに仕上げるのは無理なので、娘に任せてそこそこのものができればOKです。

ほっぺは缶詰のさくらんぼ。

耳と耳の間にある黄色いものは、6のロウソクです。

息子的には、もう少しで違うピカチュウを想像していたようで「あ、こういうのかぁ…」という、厳しいコメントをいただきましたが。

味は美味しかったみたいで一安心です。

 

さいごに

誕生日当日に思い描いているシナリオが色々と細かすぎて、びっくりです。

「はま寿司」では、普段は飲み物を水かお茶で済ませているところを「誕生日だから!」とジュースを注文。

「マグロを食べまくる!」と3皿頼み、満足したようでした。

誕生日プレゼントは、クリスマスが終わってからすぐに、ベイブレードと決めていました。

そして、今は誕生日が終わったのでクリスマスプレゼントを考えていますね。

たいぶ前から、買ってとせがまれているSwitch。

「ママ達はあげないよ!」と言っているので、サンタさんに頼むそうです。

去年のクリスマスもそんな事を言ってたので、なんとか軌道修正して、他のものをあげた(サンタさんからとして)んですが、今年は逃れられなそう。

まだまだ自由に外出は難しいし、冬はお家でSwitchかなぁ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。 ✳︎have a good day✳︎ yurimami.