yuri-mamiの裏庭

ガーデニングやお出かけ先など、日々の生活日記です。イギリス生活の思い出も連載中。

【落花生】秋田の節分【なまはげ】

秋田に住んでいた頃の話です。

節分といえば大豆を撒きますが、秋田では落花生なんですよね。

そして、幼稚園の豆まきではなまはげが登場しました。

娘は3年間秋田の幼稚園だったので、節分のイメージが関東人と少し違うかもしれません。

 

 

秋田のスーパーには大豆が売ってない

豆まき用の豆を準備しようと、近所のスーパーに行った時。

節分コーナーはあるのに大豆が1袋も売っていないんです。

並べられているのは、落花生。

大豆は後からの入荷なのかな?

それともこのスーパーが特殊なのかな?

いくつかスーパーを回りましたが、やはりどこも置いてあるのは落花生のみ。

娘の幼稚園の『秋田育ちのママ友』に聞いてみると、秋田では節分に落花生を投げるというのです。

節分=大豆だと思っていたので驚きました。

でも、落花生だと投げてからまた拾って食べられますよね。経済的です。

そして、食べ物を粗末にしないで済みます。

さらに、大豆のように薄皮が部屋に散らかる事も無いですし、掃除も楽です。

大豆ほど小さくないので、家具の隙間に入ってしまった…なんて事もなかったです。

 

少し調べてみると、新潟・北海道・東北地方などは節分の豆が大豆から落花生に変わったそうです。

理由はなんと、私が思っていた事とほぼ同じ。

  • 落花生なら撒いても汚れない
  • 食感・味覚
  • 拾いやすく片付けやすい 

上記の3点だそうです。

 

スーパーの節分コーナーには、小分けの袋に入ったピーナッツも販売されていました。

これをそのまま撒く家庭もあるそうです。

袋なら、撒いても全くゴミが落ちない。

さらに、殻を剥く手間も省けます。

食べた後の殻のゴミも出ない。

落花生を上回る便利さですね!!

節分の最先端です。

 

豆まきになまはげ

娘の幼稚園の豆まきをたまたま見に行ける機会があったので、見学しました。

出てきたのは、なまはげでした。


f:id:yuri-mami:20200124134144j:image

f:id:yuri-mami:20200124134141j:image

普段から娘に「なまはげは神様だから、鬼とは違うよ」と説明していたのに…。

何故なまはげが出てきたのかは分かりませんが、きっと幼稚園の催しで使ったものがあったからそのまま使ったのでしょう。

娘の幼稚園だけが特殊だったのだと思います。

神様に豆を投げるなんて、ありなんでしょうか?

娘は特に疑問を持たずになまはげに豆を投げていたので、きっと私の説明なんて聞いてなかったんでしょう。

そもそも、娘達は自分で作成した鬼のお面を頭に被っていました。

そして、なまはげに豆を投げるという…よく考えたらめちゃくちゃな設定で笑いそうになりました。

子供ができてから、わりと真面目に行事を行っていて、辻褄が合わないとつい気になってしまうのですが、子供ってそんなに気にしていないですよね。

というか、この場合先生すら気にしていないようだったので、私ももっと緩くやっていこうと思いました(笑)。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

✳︎have a good day✳︎ yurimami.