yuri-mamiの裏庭

ガーデニングやお出かけ先など、日々の生活日記です。イギリス生活の思い出も連載中。

イングリッシュラベンダー『ほのか』の成長が凄い!

昨年から、イングリッシュラベンダー『ほのか』を育てています。

f:id:yuri-mami:20200604102606j:image

 

 

昨年の『ほのか』

昨年の今頃、ポットで購入して、すぐに庭に地植えしました。

f:id:yuri-mami:20200528020540j:image

なぜかほとんど写真を撮っていなくて、こんなのしかありませんでした…。

ポットで我が家にやってきたサイズ感、分かりますでしょうか?

かなり小さく、花は数えられるほどです。

 

今年の『ほのか』

6月4日の『ほのか』です。

f:id:yuri-mami:20200604101221j:image

何倍にも大きく成長しました!

花も沢山ついています。

近くに植えた薔薇とゼラニウムが、いい感じにコラボしてくれています。

f:id:yuri-mami:20200603215536j:image

 

開花前の様子

冬の間、休眠したのか枯れてしまったのか分からず、写真を撮っていませんでした…。

これは、4月30日の様子です。

f:id:yuri-mami:20200528022213j:image

下の方に見える白っぽい葉が昨年のもの。

今年伸びてきた部分は、濃い緑です。

冬の間に茶色く枯れた部分があったので、手で折って取り除きました。

茎が四方八方に広がっていて、一本の茎からさらにいくつもの若い枝がぐんぐん伸びていきました。 

 

ラベンダーのお手入れ

基本、ほったらかしでした。

少しぐらい乾燥していても大丈夫と聞いたことがあったので、お水もそんなにあげていません。

肥料は一切あげていません。

花が咲いた後だけ、剪定しました。

開花後、早めにカットした方が次の花がつきやすいようです。

『ほのか』は、一番花をカットすると、二番花も楽しめます。

 

本当は、花が終わってからさらに剪定して、形を整えた方が花が茎が一本一本真っ直ぐ伸びると思います。

今回は剪定しなかったので、古い茎が寝た状態になり、その脇から上に向かってどんどん新しい芽が出ました。

その為、茎の本数は増えましたが、花はバラバラの方向に向かって咲いているので、見栄えはあんまり良くないかもしれないです。

 

茎が真っ直ぐなラベンダー畑。


f:id:yuri-mami:20200603222945j:image

f:id:yuri-mami:20200603222942j:image

我が家のラベンダー。

f:id:yuri-mami:20200604120622j:image

分かりにくい写真ですが、これは一本の茎から、さらに新しい茎が伸びてきて蕾がついています。

f:id:yuri-mami:20200604120737j:image

 

ドライフラワーに挑戦

花が咲ききらないうちにカットして、ドライフラワーにしていっています。

濃い紫の部分が蕾、薄い紫の部分が花です。

これくらい咲いてきたら、カット。

f:id:yuri-mami:20200604102049j:image

数本を輪ゴムで束ねて、風通しが良い室内で干します。

f:id:yuri-mami:20200603213539j:image

左・摘みたてのラベンダー。

右・摘んでから2日目のラベンダー。

既に色が違いますね。

ダイニングスペースの照明に引っ掛けて乾燥させているのですが、たまにキッチンまでフワリと香りがします。

イングリッシュラベンダーは、ラベンダーの中でも1番香りが強い種類だそうです。

ついでに、ユーカリの葉も少しカットして乾燥中。

お部屋の中に少しずつ、ドライフラワーや生花を増やしていきたいです。

 

さいごに

お手入れ入らず(勝手にさぼっているだけ)なのに、沢山花をつけてくれて嬉しい限りです。

来年はもっと大きく成長するのかな。

楽しみです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

✳︎have a good day✳︎ yurimami.