yuri-mamiの裏庭

ガーデニングやお出かけ先など、日々の生活日記です。イギリス生活の思い出も連載中。

【COJI-COJI】コジコジに癒され学ぶ【さくらももこ先生】

「COJI-COJI」にハマっている我が家です。

ちびまる子ちゃん」でお馴染みのさくらももこ先生の漫画です。

 

 

小学生の私とまるちゃん

元々「ちびまる子ちゃん」が大好きで、小学生の頃は毎週アニメを見ていました。

普段から『たらーん』『がーん』など、まるちゃん用語を連発する子供でしたね。

いまでもショックな事があると、ついつい『がーん』と言ってしまいます。

もはや口癖です。

自分の子供達にも「それは、がーんな話だねー」などと意味不明な日本語を使ってしまいます(笑)。

 

コジコジに出会う

この記事を書くにあたって、どこでコジコジを知ったのか思い返してみましたが…思い出せません…。

「きみとぼく」という雑誌に掲載されていたようですが、漫画雑誌は「りぼん」と「クッキー」しか買った事が無かったはず。

でも何故か「COJI-COJI」の単行本は全3冊持っていて、今でも大事に本棚に並んでいます。

f:id:yuri-mami:20200420100040j:image

私が持っているのは、古いもの。

今販売されているのはこちら↓

漫画タイトルのコジコジとは、主人公の名前です。

メルヘンの国の住民コジコジとその仲間達の楽しくシュールなお話です。

 

娘とコジコジ

去年の夏休み、猛暑でなかなか外で遊べず、暇を持て余した娘が私の「COJI-COJI」を見つけ、漫画デビューしました。

コジコジ自体が個性的なキャラクターですが、半魚鳥・太陽の王様・かえる・やかん・天使などなど、様々なキャラクターが登場します。

毎日学校に通う設定も娘には身近で、ちょうどいい内容でした。

私も久しぶりに「COJI-COJI」を手に取り、楽しさを再発見。

しかし、夏休みが終わるとまたコジコジのいない現実世界に戻りました(すっかり忘れてしまったということです…ごめんなさい)。

 

コジコジとの再会

まるコジカフェ

今年2月に、Yahooニュースで「まるコジカフェ」が2020.1.31〜2020.7.31の期間限定(4.8〜5.6まで休業中)でオープンしていることを知りました。

「絵本まるコジ」の出版を記念して作られたカフェ。

メニューがめちゃくちゃ可愛いです!

残念ながら、カフェにはまだ行けていません。

Twitterでも呟いたのですが、せめてあと1年ぐらい営業して欲しいです。

子供達と一緒に行きたいよー。

絵本まるコジ 

ちょうど図書カードの使い道を考えていた娘。

「絵本まるコジ」の一巻を購入しました♪

(買うようにしむけた?笑)

雑誌「幼稚園」に連載されていた作品だったので、内容的には幼い子供向けかな?

コジコジ特有のブラックジョークのようなものは無く『宇宙からやってきたコジコジが、地球でまるちゃんに出会い冒険する』メルヘンな絵本になっていました。

心穏やかになります。

ふんわりした絵がとってもかわいく、とにかく癒される。

 

アニメ コジコジ

絵本を読んで、息子もコジコジにハマりました!

漫画も読んで欲しいと言われましたが、漫画を読んであげるってどーなの?と思い、思い出したのがアニメ。

調べてみると、YouTubeの公式チャンネルがあるではありませんか!!!

毎日1話ずつ、子供達と見ています。  


【公式】さくらももこ劇場 コジコジ 第1話

第一話のタイトルは『コジコジコジコジ』。
このセリフ、めちゃくちゃ深いのです。
テストの点数が悪く、職員室に呼び出されたコジコジ
「将来何になりたいんだ」と先生から聞かれたコジコジは「生まれた時から ずぅーっと 将来も コジコジコジコジだよ」と答えます。
たしかに、みんなずっと自分は自分。
揺るぎない返答!!
考えさせられます。
コジコジの言葉は、日常を別の観点から見られるキッカケを作ってくれるんですよね。
 
コジコジの名言や、ちょっとした癒しの一言は、Twitterでも呟かれています。

 

コロナな現実から解放される『コジコジ時間』を見つけられて、楽しい『おうち時間』です。

 

お題「#おうち時間

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

✳︎have a good day✳︎ yurimami.