yuri-mamiの裏庭

ガーデニングやお出かけ先など、日々の生活日記です。イギリス生活の思い出も連載中。

【無料施設】国際子ども図書館/黒田記念館【上野】

 

国際子ども図書館

f:id:yuri-mami:20191025200227j:image

上野駅から徒歩15分ほどの場所にある『国立国会図書館 国際子ども図書館』、実はまだ子供達を連れて行ったことがありません。

レンガ棟の建物が素敵で、ゆっくり過ごしたい時にたまにふらっと立ち寄っています。

こちらのレンガ棟、東京都の歴史的建造物に指定されています。

f:id:yuri-mami:20191025193246j:image
f:id:yuri-mami:20191025193241j:image

ルネサンス様式を取り入れた、明治の洋風建築の代表作の一つだそうです。

明治39年帝国図書館として建築されました。

平日に行くとほとんど人がいないので、静かな空間で建物を見たり、絵本を読んだりする事ができます。

企画展もやっていて、大人も楽しめます。

でも、基本的には子供の為の施設。

子供向けのイベントがおたのしみ会が開催されていたり、「子どものへや」「調べものの部屋」などお部屋ごとに対象年齢が分かれています。

私も近いうちに子供達を連れて行きたいと思っています♬

公式サイトはこちら↓

国立国会図書館国際子ども図書館

 

黒田記念館

そして、その子ども図書館の隣(と言っていいのかな?)にある「黒田記念館」。

f:id:yuri-mami:20191025202924j:image

こちらも素敵な建物。

国の登録有形文化財に指定されています。

洋画家黒田清輝さんの遺言により、昭和初期に建てられました。
f:id:yuri-mami:20191025202928j:image

この窓のあたりとか可愛すぎて、しばらくぼんやり見てしまいました。

 

私が特に好きな作品。

f:id:yuri-mami:20191025214945j:image 

楊樹 明治22年(1889年)

 f:id:yuri-mami:20191025214955j:image

薔薇 大正12年(1923年) 

 

資料室で黒田さんの一生が分かる映像が流れていて、作品の説明もあったのでとても分かりやすかったです。

 

私が行った時は常設展しか見られなかったのですが、もうすぐ特別室の展示が見られるそうです。

特別室の展示予定特別室では「読書」(1891)、「舞妓」(1893)、「智・感・情」(1899)、「湖畔」(1897)をご鑑賞いただけます。
展示期間:

2019年10月29日(火)~2019年11月10日(日) 

公開 :: 展示 :: 東文研アーカイブデータベースより

 

建物2階には、上島珈琲店が入っています。

そんなに混んでなかったので、こちらでもゆっくりできますよ。

 

公式サイトはこちら↓ 

黒田記念館

 

どちらも入館無料なので、お近くにお立ち寄りの際は是非足を運んでみて下さい。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

✳︎have a good day✳︎yurimami.